業績情報

決算ハイライト【第70期 通期(平成29年度)】

売上高
1,46759百万円
前年同期比 301億47百万円増
営業利益
4135百万円
前年同期比 11億21百万円増
経常利益
4349百万円
前年同期比 11億33百万円増
親会社株主に帰属する当期純利益
3085百万円
前年同期比 15億1百万円増

当連結会計年度における日本経済は、米国の政策動向などの影響が懸念され、景況に関する不透明感があるものの、企業収益や雇用環境の改善により景気は緩やかな回復基調が続いております。

当社グループの関連しております産業用エレクトロニクス・メカトロニクス業界におきましては、スマートフォン向けの需要が鈍化しておりますが、自動車関連業界向けの需要は引き続き堅調を維持しており、半導体関連業界、産業機械業界につきましても好調が続いております。

このような環境の中で当社グループは、第9次中期経営計画(Challenge 1500)の2年目も引き続き重点施策を推進してまいりました。電機・電子・機械分野の最新技術と優れた製品情報を融合させたコアビジネスに、ものづくりの先鋭化をサポートするエンジニアリング力とグローバルSCMソリューションをプラスし、グローバルに活躍する独立系技術商社として新たな価値を生み出す取組みが効果を上げました。

この結果、当連結会計年度の業績は、前年同期を上回る結果となりました。

部門別の概況【第70期 通期(平成29年度)】

(単位:百万円)

部門別の概況【第70期 通期(平成29年度)】
  第69期
(平成28年度)
第70期
(平成29年度)
  売上高 構成比率(%) 売上高 構成比率(%)
電機部門 20,736 17.8% 27,166 18.5%
電子部門 85,819 73.6% 110,436 75.3%
機械部門 10,055 8.6% 9,156 6.2%
合計 116,611 100.0% 146,759 100.0%

[電機部門]

電機部門では、半導体関連業界向け、有機EL設備向け及び産業機械業界向けの電機品の販売が増加いたしました。

[電子部門]

電子部門では、産業機械業界向けの電子部品の販売、電子機器の販売及び自動車関連業界向けの電子部品の販売が増加いたしました。

[機械部門]

機械部門では、FPD(フラットパネルディスプレイ)関連業界向けの生産設備の販売は一部増加いたしましたが、産業機械業界向けの生産設備の販売は減少いたしました。

Page Top ページの先頭へ