業績情報

決算ハイライト【第72期 通期(2019年度)】

売上高
1,37943百万円
前年同期比 74億67百万円減
営業利益
1846百万円
前年同期比 15億63百万円減
経常利益
2144百万円
前年同期比 14億82百万円減
親会社株主に帰属する当期純利益
1341百万円
前年同期比 12億87百万円減

当連結会計年度における我が国の経済は、通商問題を巡る動向、中国経済の動向、英国のEU離脱問題等の海外経済の動向や金融資本市場の変動、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、依然として景気の先行きは不透明な状態で推移いたしました。

当社グループの関連しております産業用エレクトロニクス・メカトロニクス業界におきましては、米中貿易摩擦の長期化等により政治・政策要因の不透明感が継続したことに加え、年度末に発生した新型コロナウイルス感染拡大の影響により、引き続き製造業各社の設備投資に対する姿勢は慎重に推移いたしました。

この結果、当連結会計年度の業績は、前年同期を下回る結果となりました。

部門別の概況【第72期 通期(2019年度)】

(単位:百万円)

部門別の概況【第72期 通期(2019年度)】
  第71期
(2018年度)
第72期
(2019年度)
  売上高 構成比率(%) 売上高 構成比率(%)
電機部門 24,569 16.9% 21,137 15.3%
電子部門 109,370 75.2% 106,400 77.1%
機械部門 11,470 7.9% 10,404 7.6%
合計 145,410 100.0% 137,943 100.0%

[電機部門]

電機部門では、産業機械業界向けの電機品の販売が減少いたしました。

[電子部門]

電子部門では、自動車関連搭載向けの電子部品の販売は増加いたしましたが、アミューズメント業界向けの電子部品の販売が減少いたしました。

[機械部門]

機械部門では、FPD(フラットパネルディスプレイ)関連業界向けの搬送装置機器の販売は増加いたしましたが、産業機械業界向けの設備機器の販売が減少いたしました。

Page Top ページの先頭へ