CAREER PATH キャリア5年

技術商社だからこそ可能なビジネスを自ら切り拓いていく
5 years
キャリア5年

メカトロニクス営業部

2011年入社(入社5年目)
経営学部卒

CAREER PATH:
2011年4月~
メカトロニクス営業部

幅広い製品を扱う、商社の魅力

営業職を目指して就職活動を続けていた私は、いろいろなメーカーの製品が扱えて自由度の高い提案ができるだろうと考え、商社を選びました。サンワテクノス入社後は、メカトロニクス営業部の一員として、サーボモータやインバータ、ロボットなどの販売活動に従事しています。2~3年くらい前からは太陽光ビジネスに乗り出す新規のお客様との取引も多くなってきました。

誠実に接することの大切さ

当社には、「マンツーマンリーダー制度」という教育制度があり、入社後6カ月間は先輩社員からマンツーマンで指導を受けます。営業部門の新入社員は、先輩と同行してお客様先へ出向いていき、言葉遣いや顧客対応など、先輩の背中を見ながら仕事を覚えます。しかし、研修期間を終え、いざ一人でお客様のところに行くようになってみると、そう簡単なものではありませんでした。お客様との会話は自己紹介がせいいっぱい。当時の私は、製品の知識が少なくて相手にしてもらえず、10分間しか話が続かなかったのです。これではだめだ、と悟った私は、仕入先の勉強会に参加するなどして業界・製品知識を身につけていきました。また同時に、知ったかぶりをしていては、お客様から正しい情報が得られないこともわかってきました。わからないことは「わからない」と答える勇気も大切です。お客様から「それなら教えてやろう」「こういう特長があるからこの製品はいいんだ」といった生の情報をいただいて、徐々にお客様との話が弾むようになりました。

1日に1社から3社のお客様を回っていくのが私の日課ですが、何度も通っているうちにお客様とも次第に仲良くなり、別のお客様をご紹介いただく機会も出てきました。社内や仕入先メーカーと話を詰めていった結果、思わぬほど商談が大きくなったこともあります。特に印象深いのは、仕入先のサーボモータを搭載した電動アクチュエーターのOEM製品化です。メーカーの開発部門まで巻き込み、足かけ2年がかりでOEM製品の供給が実現したときは、大きな達成感を感じました。また、こうした仕事の積み重ねによって人脈も築けたことは、今後の仕事に活かせる財産だと考えています。

パワフルに、
新しいことにチャレンジしたい

課のメンバーで飲みに行くと、先輩たちが自分のことをちゃんと見てくれているのを感じます。時に注意されることもありますが、いいところをほめられて勇気づけられるなど、先輩からのフォローアップが大きな励みとなっています。そんな私も、昨年マンツーマンリーダーとして新入社員の面倒をみることになりました。意識したのは、新入社員時代の自分を指導するならどうすればよいかということ。通勤時間に指導内容をメモするなど、どうしたら後輩がきちんと成長してもらえるかを考えながら指導にあたりました。私自身も自分の業務を見直す契機になりましたし、制度の中で脈々とノウハウが引き継がれていくサンワテクノスの文化を、身をもって感じました。

パワフルで人を巻き込む力を持っている職場の先輩を見ると、自分の仕事はまだまだです。そうした力は商社に勤める人間には必要なので、自分も見習って身につけたいと考えています。そのためにも、お客様はもちろん、仕入先メーカーをはじめ関わる人たちから信頼されることが重要でしょう。誠実に仕事と向き合うことで信頼を集め、人を巻き込んで、技術商社だからこそできるビジネスに挑戦していきたいと思っています。

Page Top ページの先頭へ